北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章

ラオウ、死す。 海賊・赤鯱とともに、修羅の国に帰ることを決めたレイナ。ラオウが再び修羅の国に帰って来ることを信じて…。一方、ラオウは自らの信じる覇業の道を突き進んで行く。そんなラオウの前に、鉄仮面で素顔を隠した「南斗最後の将」を名乗る謎の人物が立ちふさがる。「南斗最後の将」を守る炎のシュレン、山のフドウ、海のリハクら「南斗五車星」は、愛と哀しみを背負うケンシロウを救世主として、拳王軍に立ち向かう。ケンシロウは南斗最後の将に従う義勇軍とともにラオウに挑むことを決意する。 覇業の大義が自らにあると信じて疑わないラオウは、全軍をもって「南斗最後の将」の居城に向けて出陣し、将の正体がかつて愛した女ユリアであることを知る。ケンシロウもまた愛するユリアが生きていたことを知り、彼女を救うために駆けつける。こうして、北斗の兄弟は、宿命により、否応なく最後の死闘へと導かれるのだった--

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章

ブックマーク

はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

北斗の拳ニュース

当サイトについて

当サイトはYouTube及び、その他Youku,Veoh,dailymotionなどの動画投稿サイトで閲覧できる動画のURLをまとめている動画リンク集サイトです。動画管理人は、動画のアップロード、またはそれを推奨・援助する行為は一切行っておりません。動画・音声等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しております。動画の内容に関する質問は有権者に、動画のアップロード等の質問・削除依頼に関しましては各動画共有サイトへ直接お問合わせ下さい。紹介記事には万全の注意を期しておりますが、万が一不適切な表現を掲載している箇所がございましたら、お手数ですがコメント等(非公開)にてお知らせいただければ削除などの対処をさせていただきます。なお、当サイトを利用したことでいかなる損害が生じることがあっても、当サイト管理者に責任は及ばないものとします。